ブログトップ

Will I ? 2

mokona911.exblog.jp

猫と音楽とカフェとカレーと     そんなものたちを愛しておりますな~ごです♪尚、TB、RINKをしてくださいます時は、存じ上げない方にはご一報くださいますようお願い申し上げます。

<   2010年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧

2日目、ベーグルUのパンなどでおいしい朝食をとった後、
向かうのはJR仙石線の発駅、「あおば通り」駅。
仙台よりひとつ手前の駅ですが、ホテルから歩いて10分かかりません。
e0170937_21321545.jpg

この仙石線、時間によって石の森章太郎の作品で車両を彩った、
通称「まんがったん号」という車両が走ります。
せっかくだからと時刻を調べてそれに乗り込みます。
e0170937_21323183.jpg

私たちは鉄ヲタではないけれど、石の森ヲタではあるかも。
さすがに、この車両を待って写真を撮っている方は他にもたくさんいらっしゃいました!
土曜日なのにすいているね、と友だちと乗り込もうとすると、
一番前の車両はシートが対面の2人がけなんですね!
調査済みの方がたで1両目はしっかりそこそこ満席。
私たちは普通のシートでゆったりと行くことにしました。

e0170937_21394160.jpg

1日めも暑いくらいでしたが、この日もとてもいいお天気。
車窓から見える松島はとても奇麗でした。

石巻駅に到着すると、もうそこは石の森作品の宝庫。
わくわくが止まりません。
e0170937_2141641.jpg

色々なところにジュンや、009や仮面ライダーが。
駅併設な喫茶店は「えき」という名前らしいけれど、ここの看板も009。
e0170937_21432651.jpg

そして、駅からお目当ての「石の森漫画館」へは要所要所に石の森キャラクターが道案内を。
どうも使われていなそうなお店のシャッターに、やはりキャラクターが描かれているのが
目を引きます。
これは、街の方針なんでしょうか?
それともどなたかが個人的に描かれているもの?
とてもお上手だったので、そんなことが気になってしまいました。
e0170937_21453688.jpg

ひとつびっくりしたのが、素敵な洋館なお店やらが幾つかみられたことです。
ワタシも友だちもそういうのに目がないので、思わず激写につぐ激写☆
こういうの、観光の目玉になると思うんだけれどなあ。
e0170937_774430.jpg

さて、石の森漫画館はどうやら川の中州のようなところにあるようです。
ちょうど、その近辺は道路整理をしているようでした。
手前の橋からは気持ちのいい景色が眺められます。
石巻、いいところですね。
e0170937_21501598.jpg

そして、外から見た漫画館。
これは、009のドルフィン号とかを模してるのかな?
e0170937_21522452.jpg

どうやら円形になっているので、中の通路はぐるっとまわるようにできているようですね。
入り口近くには、石の森氏を慕う漫画家の方々の手形が。
中に入ると、00ナンバーサイボーグのコスチュームを着ているスタッフの方たちがいます。
伺うと、展示室は写真はバツだけれど、入り口とかはOKということでしたので、
少し写真を撮らせていただきました。
e0170937_21561882.jpg

e0170937_21573272.jpg

展示室は思ったよりも広く、又大人も子供も楽しめる工夫がしてありました。
ワタシたちはまず、15分の短編アニメ映画「龍神沼」を観賞。
これはよく出来ていました。
この作品は大好きだったなあ。
そして、思った以上に館内で楽しんでしまい、時間が過ぎてしまったので、
館内の軽食カフェの「BLUE ZOON」で食事をすることに。
e0170937_220443.jpg

友だちはパスタ。ワタシは今回の旅行ではカレーはなし!と宣言していたにもかかわらず、
ついついものめずらしさでクジラカレーを注文。
鯨カレーは新宿歌舞伎町の「はつもみじ」以来だけれど、全く違うカレーでした。
e0170937_2222367.jpg

はつもみじは、やっぱりインドカレーがベースだけれど、
こちらのカレーはおうちカレーがベース。ほとんど辛くなく、
鯨肉もややかためで歯ごたえのいいタイプで煮込んでないようです。
ただ、ルーには鯨っぽさが(難しいけど)あるような気がします。
結構美味しくいただきました!

思いのほか楽しんでしまったので、
思いを残して漫画館を後にしました。

仙台に戻り寄り道しました~はこちら
[PR]
by mokonak4cat | 2010-06-02 22:18 | 国内旅行
仙台レポも途中なんですが、記事がたまってるので合間合間に少しづつおつきあいください。

オテル・ド・スズキのホールケーキ、
買うのはひょっとして初めてかな?

e0170937_21131347.jpg


アントルメフランボワーズ。
これの小さいバージョンがお気に入りなので。
中身とかちょっと印象が違ったけれど、美味しさは変わらず。

e0170937_21152015.jpg


もう1ヶ月も前になってしまいましたが、ムスメっちの誕生日。
そろそろ又、スズキのケーキが食べたい。
新しい店舗が出来たというけど、まだ行けていないので行かなくっちゃね。
[PR]
by mokonak4cat | 2010-06-02 21:17 | スイーツ
宮城県庁の後は、
ここは押さえておかなくちゃ、の彦いちさんへ。
道はなんとか覚えてた!
e0170937_23241127.jpg

彦いちさんのある通り、ってなんともいえないアンバランスなおもしろさがあります。
e0170937_23245811.jpg

彦いちさんでいただいたのは悩んだ末、
友だちは白玉あんみつ
こちらのあんこは本当に美味しい。
そして、もちろん蜜も白玉も玉肌です。
e0170937_232543100.jpg

ワタシは季節の限定、さくらあんみつ。
桜餡と桜色の寒天が美しすぎます!美味しい~。
e0170937_23262490.jpg

このどちらもすごく奇麗なスタイルです。
やっぱり彦いちさん、美味しいな。
お隣のマダムが麺をたべてらっしゃったのも気になって。
次回、ランチとるのもいいかも、と思いました。

仙台は商店街が随分発達しているようですが、
裏通りとかもおもしろい。雑多な感覚ですが、みょーに色んな街を思わせます。
e0170937_23292481.jpg


さんざんそぞろ歩いて(おなかをすかせて)行く先は、
もちろん牛タンの「利久」中央通店。
利久さんは人気店なので並ぶのは覚悟のうえで。
一応金曜でしたが早い時間なのでたぶん大丈夫かと、予約はしていきませんでしたが、
土日とかは予約したほうがいいかもです。
出張最後の夜を牛タンで過ごすおじさま連が多かったようですが、
幸い少々並んでいたら座れました。
まずは生ビールとワインで乾杯!
お通しに出てきたたけのこと蕗の煮物が又美味しかった!
しかも、お通しの量じゃないし!
e0170937_23421098.jpg

私ら、すっかり極み定食を食べる気満々だったんですが、
「今日までだよ!」というお店のおじちゃんの声につられて、
限定の「宮城満喫御膳」(昼1300円、夜1575円)にしてみました。
e0170937_23422589.jpg

こんなですよ!
これで1人前です。すごい量。
さすがに牛タンはハーフです。でもハーフでもこの量。すごいね。
牛タンの味はもうすでにワタシも友だちも何回目かなので、納得の味です。
変わらず美味しいというのもすごいものですねえ。
e0170937_23424211.jpg

てんぷらの盛り合わせです。
納豆磯辺(岩出山納豆・県内産のり)
かきあげ(名取せり)
なめこ天・シイタケ天(県内産)
ワタシ的にはせりのかき揚げが超GOOD!でしたね。
さくさくで軽く、ごはんが進みます。
もちろん、ごはんは宮城県産ひとめぼれ、の麦御飯です。
e0170937_23425956.jpg

お刺身は帆立貝、ほっき貝(共に県内産)
この両方ともとても新鮮でおいしゅうございました。
e0170937_23432744.jpg

こうして適度なさっぱり系の、でも量はたくさんおおばんぶるまいの御膳ですが、
たまたま中央通店のみの伊達宮城名物フェアだったようです。
なんて幸運☆
e0170937_23452647.jpg

こちらのお店は結構混んでいるのに、とても接客も気持ちのいいものでした。
満腹のおなかを抱えてひーひー言ってると、
いいタイミングでかわいい湯のみでほうじ茶がサービス。うれしいですねえ。

こうして、今回の旅、なんだか食には最後までついている旅になったと思います。
ま、仙台、何食べても美味しいんですけどね。

というわけで2日目に続きますです。
よろしくおつきあいくださいまし。

仙台の記事は
[PR]
by mokonak4cat | 2010-06-01 01:56 | 国内旅行