「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

Will I ? 2

mokona911.exblog.jp

猫と音楽とカフェとカレーと     そんなものたちを愛しておりますな~ごです♪尚、TB、RINKをしてくださいます時は、存じ上げない方にはご一報くださいますようお願い申し上げます。

カテゴリ:CANADA TORONTO( 13 )

旅行先はトロント、というと
例えばナイアガラの滝への通過点にしか過ぎないイメージがあるのか、
やけに珍しがられます。
トロント、NYについで大好きなんですが。
e0170937_0302458.jpg

↑12年前のナイアガラの滝(もちろんカナダ側)

海外旅行で行き先を決める基準、それは色々あるのでしょうけれど、
ワタシの場合は「本」によることが多いかもしれません。
こう見えても若い頃はスキンダイビングが好きで、ビーチリゾートばかり行っていた時期があります。
初海外旅行はヨーロッパ3カ国だったのに、その後ヨーロッパなしで
新婚旅行フィジー、初子連れ海外はハワイでした。(ワイキキオンリーでしたが、その後マウイオンリーに。)
普通はあんまり行かないロタ島に行って釣りもしました。執事につきあって。
その頃の定期購読雑誌は「海と島の旅」(笑)
後は、なんですよ、旅費の基準てのもありますかね。
未だに貧乏旅行ですが、20日くらいワイキキにいたときは、なんと1泊25ドルの部屋でした。
今は貧乏でも、ホテルの基準は普通以上にします。
快適さを求めるから。
まあもともとリゾート系好きなわけだし?

長いのでこちらで。
[PR]
by mokonak4cat | 2010-03-02 10:50 | CANADA TORONTO
トロントで買ったものとかD夫妻にもらったものとか。

これは帰る前の日に7-11ならやってるよね!
と思い、ホテルの側のところに雨の中走っていってみつけたパンケーキの素。
あいにくバターミルクというわけではないらしい。
1個くらいは欲しいなと思っていたので買えてうれしかった。
そのうちちゃんと翻訳して送ってもらおうかなあ。バターミルクパンケーキミックス。
3重にビニール袋に入れててよかった。
スーツケースの中でややつぶれて粉こなに。
ジェミマおばさんのパンケーキなのね。
e0170937_22244324.jpg

D夫妻がプレゼントしてくれたものあれこれ。
この左側のネイティブインディアンの像。
なんと、石の彫り物です!そう、これがリュックに入れて持って帰ったものの正体。
いやー、重いはずだし!
これはモホーク族のシャーマンみたいですが、
何故かムスメっちが「カラス天狗~!!」と言ってオオウケ!!!
いや、カナダにはいないだろう!カラス天狗は。
右上左側、ガジェット警部の絵本。何故かオーストリア版だそう。
右上右側、赤毛のアンの飛び出す絵本、何故か日本語版。
トートバッグはそれら全てが入っていたもの。
ホールトンヒルズ図書館というところのトートバッグですが、これはDaveがデザインを頼まれたものだそうです。丈夫なしっかりしたつくりのいい感じのバッグ。
これが一番うれしかったりして?(笑)
e0170937_16254775.jpg

手づくりの(誰かに頼んだのか?Daleさんは作れないと言ってた。)トートバッグ3点は、
狼のがワタシの、熊がムスメっちの、鹿が執事の、だそうで。
プリントじゃなく描いてますが、どうもこれ、ジョージタウンのアーティストに
描いてもらったらしい。。。(幾らかかったんだろう・・・?怖くてとても聞けない。。。)
いつか送ってくれるつもりだったのかなあ。
トートバッグははっきりいってワタシの方が縫ったら上手だと思う出来でしたが、
この一人一人にあった(とD夫妻は思っている)動物をあてはめたりとかしているその気持ちがうれしいですね!
これの絵、ターキーじゃなくってよかったわあ。(爆)狼は大好きだし。
e0170937_16262058.jpg

これもいただき物。
「Looking Inside」という本、ガジェット警部の絵柄とかを使って、実際にガジェットを制作している場面で
アニメーションの作り方を書いてる本。
思わず、絵コンテチェックしたけど、さすがにワタシの描いたやつじゃなかったね。(あたりまえだ)
フィルムの編集のところとかにDaleさんとか写ってないのかなと思ったけどいませんでした。残念!
ブルーノ・ビアンキの名前くらい出ててもいいのになあと思いましたが。
e0170937_16264435.jpg

The BayのDeriで、帰る前の日に買っておいて食べなかったので持ち帰ったチーズベーグル。
40セントくらいだった。(値引きしてた)
Bayのベーグルは定価でも80セントくらいかな?それにしてはかなり優秀なベーグルだったと思います。
むっちり系でみっしりだけど、もちもちもひきもない。
チンすると軽くなる。まさにNY系のベーグルかな。これがすきなんだよね。
e0170937_22203426.jpg

e0170937_22204799.jpg

Bayの地下のフロアに入っていたドラッグストアで見つけた袋入りのシナモンレーズンベーグル。
これはまったく開封せずに持ち帰りました。
あけてみてびっくり!安いし、袋入りだからあんまり期待してなかったけど美味しかった♪
こういうなんてことはない袋入りのベーグルでも美味しいのがすごいよねー。
シナモンばんばん香ってるし。
ただびっくりしたのが、なんとこのベーグル、最初からスライスしてあったのですよ。
すぐ食べれるように、っていうことなんですね。
合理的というかなんというか。へーだよね。

e0170937_1627288.jpg

左の蜂蜜を入れるボトル。
セントローレンスマーケットの、台所雑貨の店で一目ぼれして買った。
ちゃんと蜂蜜をすくうのもついてますね。
形状を見て、すぐ執事が何、それうんち?と言ったのは許せんな。
あんたにゃ蜂蜜あげないわよ!
右側のワインのボトル用アクセサリー。
何故かイートンセンターの本屋、Indigoの雑貨コーナーでゲット。
こういうおしゃれな何の役にもたたないようなものって魅かれます。
でも、日本にはないよね、こういうの。
本来、クリスマス用のようですが。

e0170937_16273494.jpg

Bayのドラッグストアにて買った、リッツのピーナッツバターサンドミニ。
すっごい上げ底で、少ししか入ってなかった。もっと買うべきだった。
これ、うちの家族、大好きなんだけど、ピーナッツバターサンド、
おととしくらいから日本にはなくなっちゃったのよね。
昔、よくハワイとかで買いだめして帰ったんだけど、一時日本でも売るようになり、
コストコにもあったのに、今は全然ありません。
これのピーナッツバターのは美味しいのに。
さすが、カナダ!!
パッケージは左がフランス語、右が英語。
表記は二カ国が普通なのです。
e0170937_023736.jpg

手前のはメープルシロップのミニボトルです。
熊ちゃんのタイプ。
セントローレンスマーケットの韓国系のおじさんのお店でゲット。
5個セットでした。
これ、その後おみやげ売ってるような店とか空港でも見なかった。
これももっと買っておけばよかったな、可愛かったし。
奥のは実は去年人にもらったおっきいメープルシロップのボトル。
まだ未開封。そろそろやっと使ってるメープルがなくなりそうなのであける予定。
熊はその後だな。

e0170937_22263286.jpg



今までのトロントレポはこちらです。

トロントレポ1日目:緊張のチェックイン
トロントレポ1日目:まだ食べる?
トロントレポ2日目:市場三昧
トロント2日目:街中三昧
トロント3日目:ドラマチックな再会
トロント4日目:その1
トロントレポ4日目:涙の別れ
トロントレポ5日目:最終日
トロントでもRENTはとまらないっは
今更ですが、旅行前準備
[PR]
by mokonak4cat | 2010-02-17 13:12 | CANADA TORONTO
今回のトロント訪問での一番の危惧と言えば、なんといっても気温です。
e0170937_023587.jpg

確かに初回のトロントは11月後半で、着陸した時吹雪いていた。
12月のNYも2回経験あるし、3月4月のNYも経験があるから、
零下の気温も味わいました。
でも、でもね、調べると1月下旬が一番気温が低い!
一番下がって零下10何度だって!!
そういえば、D夫妻の家の中庭に冬場鹿が休みに来るとか言ってたっけ。
行くと決めてから防寒ブーツに悩みました。
アウトドアショップの質実剛健な、それこそレストランや劇場に履いて行けないような靴じゃいや。
帰国してからも都内でもできれば履けるものがいい。
そして、できればロング。雪で滑らないもの。

一番の問題は、ワタシが足がでかい。
これが一番選択肢を狭める。
で、色々調べたり見に行ってはいてみて結局決めたのが、LL Beenのメンズの一番小さいサイズのショートブーツの黒。これは、デザインがレディスのと少し違うのだけど、足型がほとんど同じで、しかもレディスのキルティングっぽいデザインよりもメンズの方のがスマートです。
このブーツにして正解。
やや滑るのが雨の時に発覚したし、完全な防水ではないのだけど、残り雪程度なら全然足が冷たくなりませんでした。靴用ホカロンを持参したけれど未使用でD夫妻にあげてきた。

他の防寒については、ユニクロヒートテックにマイクロフリース、ダウンジャケットと。
後は耳宛付き帽子。これは必須です。
12月のNYで耳宛がないと耳がちぎれそうになりましたから。

飛行機内乾燥防止用に使い捨てマスク。
機内のエコノミー症候群対策用に、弾圧靴下まで。(←これ効いた!!すごい。)
某、海外旅行好きなブラックホール秘書に教えてもらった、
気圧の変化の耳鳴り対応の耳栓という便利グッズ。
e0170937_16234040.jpg

これはなかなか効いた気がします。
但し、これはほぼ使い捨てです。やはり衛生面で何度も使うのはよくないそうです。
600円ちょっとが高いか安いか・・・。
ワタシにはこの効果なら安いかなと思いました。
全然痛くならない、ということはありませんし、たぶん人によって効きかたは違うかと思いますが
いつもよりずんと楽だったのは確かでした。

ガイドブック。
地の利はわかるとはいえ12年前。一応トロント対して載っていないけれど、
地球の歩き方買いました。結局空港の案内図などが役に立ちました。
なくても何とかなった気はします。
食関係はブログとかでチェックするも、やはりNYとかに比べてはるかに情報は少ないですね。
でも、それなりの発見する楽しさはあります。
下の地図はホテルとかに置いてある地図。
おおざっぱだけど、わかりやすいかも。

e0170937_1811280.jpg


飛行機はエアカナダはスターアライアンスメンバーなので、
マイレージがたまります。
ついチェックインの時に言い忘れることがあるので、付箋貼って忘れ防止。
今回ちゃんと加算されてました。しかし貯めるばかりでなかなか使えないんだよなー、マイレージ。

今回のカナダドルの両替をどうしようかなあと思っていたら、
ちょうどJCBで(間違えました!JTBです。ごめんなさい。)米ドル以外の(ここがミソ)両替5万円以上で
1000円の商品券キャンペーンをやってまして、それでしました。
もちろん手数料はなし。しかもプラス1000円だったのでかなりのお得感が。

今回の海外旅行、やはり現地でのパソコンの必要性を感じました。
次回までには何か考えなくちゃね。
次回なんて行けるのかどうかわっかりませんが。

トロントレポ、後少しおつきあいくださいまし。

今までのトロントレポはこちらです。

トロントレポ1日目:緊張のチェックイン
トロントレポ1日目:まだ食べる?
トロントレポ2日目:市場三昧
トロント2日目:街中三昧
トロント3日目:ドラマチックな再会
トロント4日目:その1
トロントレポ4日目:涙の別れ
トロントレポ5日目:最終日
トロントでもRENTはとまらないっは
[PR]
by mokonak4cat | 2010-02-15 22:09 | CANADA TORONTO
RENTというミュージカルは(どんなものにもあることですが)特に人によって好き嫌いの差が大きいかもしれません。
現に、ワタシの歌の先生はどうもRENTが嫌いらしい。
その先生からして、昨年の来日RENT~ブロードウエイツアー~を観て、
なんでそんなに好きなのか(ワタシが)なんでそんなに人気があるのか(巷で)やっとわかりました。
と、言わしめた素晴らしいCASTのツアー。
オリジナルブロードウエイキャストの、アンソニー・ラップ、そしてアダム・パスカル、グウェン・スチュアートと3名が参加、
ファイナルの時期のブロードウエイ、ネダーランダー劇場公演CASTなど、RENTが好きで参加しているメンバーがほとんどのこのツアー、非常にランクが高い。
もう、来日公演はアジアのドサ周りCASTだからね、なんてレベルじゃありません。
(同じ時期のもうひとつはそれに近いものがあって、非常に残念でしたが)
そんなツアーは日本公演を終えると、韓国を経てアメリカ本土に戻りました。
韓国ツアーも日本人が多く行ったようですね。
このツアーの千秋楽は、トロント公演の後、ウイスコシンを経て、カルフォル二アのサクラメントでした。
それ、どこ?と日本人ならいいそうな場所に、どうも推定なんと
60人あまりの日本人
が観にいったそうです。
さすがに、この千秋楽公演はほぼ満席だったのではないでしょうか。
それほどまでに愛されているRENT。
e0170937_17103851.jpg


ワタシが選んだのはトロント公演でした。
もちろん、D&Dにも会いたい、トロントも再訪したい、そんな思いで。
なので、今回はNYのRENTで初めて出待ちしましたが、出待ちする余裕はありませんでした。
又、ラッシュにも並びそこないました。
そして、夜遅く閉演するので、寒さと心細さで平日はおろか夜公演は観ませんでした。
そんなへたれなワタシですが、土日マチネーの2公演を満喫させていただきました!
日本公演で出演していた日本人の高良さんは韓国の後に降りてしまわれたので、
アレクシーは別キャストでした。
たまたま土日マチネー2公演とも、ジョアンヌはアンダースタディの女優さんでした。
そんなことはなんの支障にもなりません。
それにこの人のジョアンヌ、すごくよくよかったしね!
クオリティの高い演技、歌!素晴らしいアンサンブルに酔いしれるだけです。
e0170937_1711367.jpg

一番おもしろかったのは会場の反応です。
NYとも日本とも違いました。
もっともNYのもNY公演千秋楽近くはきっと違ったのでしょうけれど。
NYにしてもカナダにしても、一番違うのはカテコがあっさり。
皆さん、さっさと帰り支度です。(別に出待ちに間に合わせようと焦って出て行くわけじゃありません。笑)
つまり、日本では常識のカテコでの手拍子はなし。
これはわかっていてもいつも拍子抜けする。
これはRENTに限らずそうですね。
で、たいていはカテコでCASTが登場したとき、まずスタンディングオーベーションもない。
(全部じゃないですが。)
でも、この2公演ともスタンディングでしたね。
e0170937_0101822.jpg

土曜は2階のセンター前方、日曜は1階のセンターまん中らへんで観ましたが、
1階も2階もスタンディングはしていました。
チケットをネットでとったせいかどうかわかりませんが、
どちらの日もワタシの席の周りは濃ゆそうなRENT HEADs?っぽいおねーちゃんたちが多かったです。
なので、反応もおもしろかった。
でも、なんでエンジェルが死ぬとき笑うかなあと思ったけど。(くすくすでしたが。)
そのくせ、後で泣いてたし!
そういえば、両日とも2幕の頭のシーズンズオブラブで手拍子が出た!
海外でここで手拍子は初めてな気がします。
(日本じゃ当たり前なんだけどね。)

e0170937_17122215.jpg

それにしても会場の反応が日本よりいいです。
最初ッから、アダムが出てくるときゃー!スタッフが出てきてもきゃー!
アンソニーが出てきてきゃー!
アンソニーはもうわかっているようで、ちゃんと落ち着く隙をぬって、最初の台詞を言い出します。
We Begin on Christmas Eve, with me Mark,~~~~~.
その呼吸!
ああいうのって、板の上に乗った事のある人しかわからないでしょうね。
観客と一体になる、というか気持ちが重なった!と思う瞬間が来るんでしょうね。
ものすごいプレッシャーだと思いますが、さすがアンソニー、ぐんぐん観客をひっぱっていきます。
アダムは土曜日ちょっと声がつらそう、と思いましたが、日曜にはそんなこともなく、
やはり素晴らしい出来です。
たぶん、ほとんど演出的なもの、衣装などなど、ほとんど日本来日公演と同じではなかったでしょうか。
今回座った席ではエンジェルが死んでから退場するところがよく見えたので、
来日の時に疑問に思っていた件、エンジェルは2度振り返るのか?それとも1度か?という
些細な演出の効果(笑)を確認することが出来ました。
テーブルから降りて奥まで歩いて行ってから一度振り返り、上手に掃ける手前で一度振り返ります。
なるほど、と思う演出です。
最後の最後まで自分より皆を案じているエンジェル、といった感じなのでしょうか。
e0170937_23594771.jpg


ところで、
[PR]
by mokonak4cat | 2010-02-13 00:10 | CANADA TORONTO
現地時間1月25日月曜日です。
到着してから、ずっといいお天気だったトロントですが、24日の午後くらいから時々降っていた小雨は
夜中から朝方まで結構本降り。なかなか寂しい景色です。
e0170937_23472022.jpg

奇しくもなんとこの日はワタシの誕生日。
海外(ハワイとNY)でクリスマスを迎えたことはありますが、誕生日は初めてです。
D&Dに会った時もその話題になって、DaleさんにDaveが(何故呼び捨て?笑)
○○○に電話かけなきゃ、とか言ってたのです。(ハッピイバースデイ!って。)
仕事がある日だからかけれないわー、とか言う話で、いいのいいの、(That's OK!No Probrem、つーだけですが。。。)
いや、ほんとにいいし!
万一考えてフロントにモーニングコールも頼んであるし!

ちゃんとコール前に起きたのでさっさとスーツケースを1階におろし、チェックアウトをすませました。
さすが朝早いのでフロントもすいてるしね。
前の日にチェックはしておいたのでホテルの前の空港バスの停留所に向かおうとしたら、
ポーターさんがタクシーを呼びましょうか?マム?と聞いてくれたので、
空港バスに乗ります、と言ったら、ちゃんと案内してくれた。
1時間に何本も来るので予約も必要ないよ、と言われていたし、チェックアウトが思いのほか早く済んでたので、考えていた時間よりも1本早いバスに乗ることに。
e0170937_1138585.jpg

なので、すぐバス来ました。
ところが、そこには恐ろしいことが待ち受けていましたのでした!
トロント街中でほとんど日本人を見たことがなかったのに、なんとバスの中に日本人の女の子のグループが!!
しかも、早朝だってーのに一人みょーにうるさいテンションの子が!!
まー、うるさいうるさい。
トロントって国際空港が市内から近くてよかったなー、って思った一幕。
ちなみに、帰りのホテルから空港までの送迎は今回のツアーには入っていなかったけれど、
前回の旅行の時も帰りはこれを使ったのですよ。
でももうその時のことすっかり忘れてたんだけど、どうやら、さすが12年前、
その頃とすこし方式が違っているのですって。(行きのドライバーさんが教えてくれた。)
運賃は19ドル95セント。
前の晩にD&Dと別れてから実はホテルの側の7-11(24時間営業)に行って買い物したんだけど、
きっちり95セントは出なかったので、一応20ドル用意しておきました。
バスがホテルに着くとドライバーが降りてきて、ターミナルの番号と航空機会社を聞きます。
エアカナダは新しいターミナル3。
何故か2はあるのか知らないけど、先にターミナル1で次がターミナル3です。
降りる順番にあわせてドライバーがスーツケースを荷庫に積んでくれ、
その後運賃を支払い、ドライバーはレシートを発行してくれます。
(案の定、こっちも言わなかったけど、おつりの5セントはかえってこないですねー。さすがアメリカ圏)
降りる時もちゃんと大きな声で教えてくれるので、安心です。
ちなみにタクシーで空港までは40ドルくらいが相場みたい。

そんなこんなで、空港につき、スーツケースを持ってまだ早いけどいいかー、と
あいてそうなエアカナダのカウンターに向かったら、
開いてた場所のスタッフさんがちょうどアジア系だったみたいで、チェックインはスムーズ。
というか、声かけようとしたら、あちらのほうから「○○○?」とワタシのファーストネームを。
わーびっくりした!
そんなに把握してるんでしょうか。
で、窓際はとれなかったの、ごめんなさいね、と言われたけど、
3並びで窓際だとトイレに行きにくいのでそれでOK.
でも、真ん中かーと思いました。
ともかく、荷物を預けてしまうと楽チン。
前の日にD&Dからもらったやけに重い荷物をスーツケースに入れるとやたら重くなるので、
リュックに詰めてしょってるので、これはこれで重いんですけどね。

ま、いいや、早いけど、中入っちゃおう!と手荷物検査に。
行きはブーツ脱いだけど帰りはGOGO!といわれてスルーだった。
ちなみに、カナダ(トロントだけ?)は出国審査ありません。チェックインして手荷物検査して入れちゃいます。
もっとも、これから又厳しくなりそうですが。

e0170937_23312670.jpg

さすが新しいと言うターミナル3!すごく綺麗ですね。
成田にもある、動く歩道ですが、この右側のレーンはエクスプレスです。
なんとスピードと降りる位置が違います。すごいね。
なんてぶらぶらあっちこっち見ながらゲート近くまで。
そこのショップめぐりで時間をつぶしました。

e0170937_23355933.jpg

うれしかったのは、そこのスタバに、市内のスタバでみつけて後で買おうと思いつつ買えなかった
ボトルが売ってたこと。
e0170937_23273256.jpg

日本よりかなり安い気がします。
早朝で少しだけしかおなかに入れてこなかったので、朝食をいただこうとあれこれ物色。
結局スタバでキャラメル珈琲ケーキと珈琲をいただきました。
e0170937_2328766.jpg

その後別のショップとか見てから、ボトルを買いに行きました。
すると、会計してくれてるおばさんが何か言ってるんだけど、よく意味がわからない。
そしたら、その隣にいた若いスタッフの方が、もう少しわかりやすく説明してくれた。
その説明によると、ワタシが買ったのの1個はリサイクルのキャンペーンか何かで、
それを買うともれなく珈琲1杯が無料なのだそうだ。
・・・・そんなん、わからんです。。。
さっき飲んだばっかりだけど、いいか、とじゃお願いします、と頼んだら、改めてその日の珈琲はしっかりトールサイズでもう1杯。
うーん、飲みきれない・・・。
しばらく、珈琲飲みたくありませんでした。(大笑)
まあね、でもムスメっちのおみやげが買えなくてどうしようと思っていたら、カワイイデザインのがあったので、
それにしました。まあ良かったことにしよう。
e0170937_23265667.jpg


ところで、いったん決まっていたはずの飛行機の座席なんですが、
乗り込む際に再度座席のチェックをしてくれて(今度は違う客室乗務員)、
(まあ勝手になんだけどね)座席の変更をさっさかしてくれました、通路側に!!
これはありがたい!
最初の座席は前のほう、今度のは後ろでしたが、トイレに程近いし、
後から見たら前方よりも後方のほうがゆったり。もちろん隣は空席。
かわいそうなのが同じ列の窓側に座ったまだ若そうな男性。
東京はトランジットでどうも中国とかに行くようで、
カレトイレが近くてしょっちゅう気にしながらソーリーと言ってトイレに。
しかもタイミング悪くて、私が立った時についでにいきゃーいいのに、ずれるんだよね。
最後降りる時、おおあやまりでした。まー、お互い様だけど。無事着いたんでしょうねー?中国に。

帰りの便の機内食は
[PR]
by mokonak4cat | 2010-02-09 23:45 | CANADA TORONTO
1月24日日曜日:午前11時過ぎ
街中散策終えてホテルの部屋に帰りました。
ホテルに戻る直前、まだ手に持っていた珈琲を飲もうと寒かったけれどホテルの前のスケートリンクに寄ってベンチに座ってみました。
すると、
e0170937_06161.jpg
e0170937_061371.jpg
e0170937_062677.jpg

いやあー見事でした。熱心に練習してたみたいですが、群を抜いてお上手なおじさま。(に見えた。)
時々他の滑ってる人も見とれていましたね。
アイスショーを無料で観た気分でいい気持ち☆
さて、Dave達は案の定11時半くらいにやってきました!
というか「OHAYO-GOZAIMASU!」って電話かけてきたんだけど。
とっさに今ロビーに降りるから!っていう英語しゃべれなくて。あわあわあわ。
で、最初に言うことが、お昼食べよう!そこでいいか?って。
昨夜のディナー食べたトレイダーです。気に入ったのかな?
実はDaveは糖尿病を患ってまして、きちんきちんと薬を飲まないといけないわけです。
RENTの今日の開演時間は1時。なので、今お昼を食べておきたいわけ。
というわけでも、実は皆してあまりおなかはすいていない。
なので、メニューを見てスープを一人ひとつづつ、パニーニサンドを3人でシェアすることに。
Daleさんが、ちゃんとサンドイッチを3等分してね、と言ってくれた。
e0170937_014787.jpg

ワタシとDaleさんは、本日のスープ。
カサディーヤ風と言ってました。ミネストローネの濃い感じかな。すごい量です!
しかもパンついてるし。(このパン、おいしかった。もっちりしてました。)
これはサンドシェアで正解かな。
e0170937_0151748.jpg

こちらはDaveの4X4オニオングラタンスープ。
何が4X4か、ってオニオンとチーズの種類がそれぞれ4種類なんですってさ!
すごいよねー、てか味わかんなくね?
で、Dave、そんな濃いもの食べて大丈夫?
ワタシの疑念にかかわらず、食事は進み、(あ、飲み物はやっぱり皆さん珈琲で。
ワタシはこのときは紅茶にしました。ちゃんとポットサービスだった。)
e0170937_0174079.jpg

いよいよパニーニサンドの登場。どーーーん!
中身はDaveが○○○はターキーが好きだから、と勝手に決めた。(よくわかってること!)
パニーニも美味しかったし、中身のターキーも美味しくて大満足です。
さてさて、食べ終わるとタクシーで行こうって。
いや、歩いてもいいんだけどおー。
と言おうとしてる間にタクシー乗り込むし!

RENT観劇(後でレポ)

RENT観劇後は・・・
[PR]
by mokonak4cat | 2010-02-06 00:37 | CANADA TORONTO
現地時間1月24日日曜日。
トロントは日曜お休みのところが多い上、なんと、なんと!開店時間まで遅くなる!!
おまけに閉店時間も早い!(泣)
やっぱその点、マンハッタンはいいよねー、せめてコンビ二系と食事系はやってるもんねえ。
天下のイートンセンターまで通常は10時くらいからなのに、日曜は12時ですよ、12時!!
なめてんね、観光客を!
まあね、でもイートンなら朝食は食べる店あるよね、てんで、この日も朝早く起きたので
まずは朝食をとりにイートンへ向かいます。
e0170937_23353743.jpg

なんとまあ、さすがにホテルのレストラン系はやってるけど、
ホテルに一番近いフードコートはしまってましたよ、徹底してるな。
ところでもちろん、セントローレンスマーケットは日曜お休みです。(ちなみに月曜も休み)
e0170937_23301151.jpg

前の日にチェックを入れてたお店はやってた!わーい。
モーニングスペシャルで、ベーグルサンドに珈琲で3ドル95かな?
うん、安いですね。
e0170937_23314815.jpg

一応中身は何種類からか選べて、ベーコンとスクランブルエッグに。
ベーグルも選べたみたいだけど、おじさんがポピーシード?って聞くのでOKってつい言っちゃいました。(あー)
ベーグルはあっためてくれてるのもあって、ソフト系に思えますが、
はしっこかじってみるとちょい生地が甘め。
段々トロントのベーグルはモントリオールベーグルに侵食されているのでしょうか?
充分美味しいけれどね。
e0170937_23351272.jpg

ようするに、お店があいていないので、すごくすいてるイートンセンター。
ほとんど道代わりになってます。
昨日の混みようがウソみたいだなあ。
本屋くらいはやってるかと思って探して行ってみたら、本屋もしまってた。
同じことを考えてた人がいたみたいで、その男性はしまってる本屋みてSghit!と舌打ち。
気持ちはわかりますなあ。
ま、後で出直して、探していたものはGet!
e0170937_23393930.jpg

この本屋さん、トロントでは随一の本屋さんで、Indhigoといいます。
市内に何軒か支店アリ。中広くて全部見る暇がなかったです。
ちょっとした小物なんかも売っていて、まだクリスマスモノのセールの残りがあって、70パとかで売ってました。

まあそんなこんなでまだまだ続く街中散策
[PR]
by mokonak4cat | 2010-02-05 23:55 | CANADA TORONTO
3日目、現地時間1月23日です。
この日も早く起きたものの、体はぐずぐずぐだぐだで、本当はセント・ローレンス・マーケットまでもう一度行こうと思ってたけど、待ち合わせ10時だし、どうせ早く来るに違いない、と
あれこれぐずぐず。
折りしもスケートリンクではすでにこんなに人が!!人気なんですねえ。
e0170937_16283570.jpg

ゆったりとかい出したものとベーグルで朝食。
こういうとき、スタバの珈琲付きのメーカーがあるってのはいいですねえ。
さて、10分前にロビーに下りていきます。
正直、12年?ぶり?わかるかしら?とやや不安を覚えながら。
そんな心配は希有に終わり、エレベーターホールから見えるロビーのところに目に入ってきたのは
最初が奥さんのDaleさん!!
すぐ脇に夫のDaveも立っている。
思わず叫んで(名前をだ。)駆け寄るワタシ。
すぐ気がつく二人。
・・・いや~、感動の再会劇をロビーでくりひろげてしまいました。
こんときばかりはワタシもトロントニアン、ハグに次ぐハグ!!そして再会のほっぺにKISSです!!!
懐かしい!ちっとも変わってないふたり。
しばらく旧交を温めあってから、アートセンターに行かないか?とDaleさん。
(同じことをしゃべっても聞いても、彼女の方がカンがいいので、DaveはすぐDaleを頼るのです。世の夫婦の常?)
トロントにある、美術館は、おそらくNYのMETに次ぐ大きな美術館でしょう。
トロントニアンの間では通称AGOと呼ばれ親しまれています。
以前訪れた時にもここは訪問しましたが、どうやらその後改装に改装を重ねて立派になった様子。
Daveたちも改装後行っていないということで、もちろん!と行くことになりました。
e0170937_16383761.jpg

カメラをぶらさげて観光客気分のDaveは、彫刻の前でワタシの写真を撮ろうとしてガードマンに怒られました。やれやれ。
さすが芸術家の二人に聞かれて、AGOはとても広いから一部しか見れないけど、
どこを見る?と聞かれて、「Canadian」と答えるのが真情ってもんでしょう。
あ、やっぱり2人ともそこみたいのね。
ワタシはほんとはどっちかというとヨーロピアンとか見たいのはあるけれど、
カナダの殖民の歴史も興味あるからぜんぜんOK。
散々見て回って、お昼にしようってことで、AGOのレストランに行くと、なんと予約が必要とのこと!
ワタシはカフェテリアでもぜんぜんかまわなかったのだけど、
どうやらDaleさんはそれじゃあダメを出したみたいで、結局外に出ることに。
e0170937_165195.jpg

AGOはホテルの北側のチャイナタウンのはずれのほうにありますが、
そこから南へ下っていきます。
つたない英語とかたこと日本語とカンでおしゃべりしながら、共通の友人の話題などを話しながら
ゆっくり歩いていていると、時間を忘れてしまいます。
Daveさんが、○○○はレントの予約はしてあるんだよね?と聞くから、
チケットを見せました。
どうやらレント見てる間、待っててくれるみたいで、終わったら劇場玄関で、ということになります。
いい人たちだ。
結局昼食をとったレストランは、なんとCanonシアターに至近の「frons」。
シアター隣のビルの1階のレストランです。
e0170937_1650277.jpg
e0170937_16502054.jpg

外から見たら敷居の高そうだったレストラン、中に入るとちょっとファミレス風なアットホームさかげん。
e0170937_16503527.jpg

メニューを見ると朝食系が強そうな。
あ!パンケーキがある!で即決。
後で写真をよくみたら、エッグベネディクトがあったのに。ま、ふたつは食べれなかったからいいんですが。
e0170937_16513151.jpg

ワタシはプレーンパンケーキ。ほどほどの量かな?と思いきや、結構大きかった。
美味しかったのだ、これが。
それにしても、あっちってバタもコーヒー用のクリームも山ほどくれるよね。
足りなかったら言ってね、とウエイトレス。ありゃりゃ。
こういうコミュニケーションはワタシ程度の英語だと無理だから、友達いてありがたいなあと思いますねえ。
e0170937_16514125.jpg

彼らはツナのラップ。
このでかさ!!
恵方巻か??ってくらいですね。
食べ切れなくて包んでもらってた。
珈琲はレギュラーで。必ずデカフェか?
って聞かれますね。
ま、カフェインは制限してないからいいや。珈琲ももちろん、おかわり自由です。
で、コミュニケーションなんですが、このDaveさんって、昔っからすごいおちゃらけおやぢなんですよ。
なので、平気で店の人とか知らない人に話しかけちゃう。
よくアメリカのホームドラマに出てくる必ず一人はいるおぢさんそのもの!
このときも、ワタシを指差して、彼女はわざわざ(とたぶん言ったと思う)日本からRENTを観に来たんだ、
って言うのさー。
したら、カワイイ美人のおねーさん、あら、ワタシは先週観たわよ!ですって。
すっごく、クールよね!楽しんでね!!!

e0170937_16515213.jpg

RENT観劇レポは後回しです。
無事Daveたちと会ったワタシは衝撃の事実を知る!!
明日、ワタシタチも一緒に観る事にしたから。

えーーーーー!!??マジっすか~~~っ!?

ありがたい。大変ありがたいがしかし、
これで明日は夜も観ようと思ってるの、って言えなくなってしまいました。(爆)
だってねー、一緒に観たら、そのままディナーだよね。
土日はトロント、鬼のようにお店の閉店時間が早い。
もちろん日曜はしまってるお店も多い。
だからこそなおさら、RENT観ようと思ってたのだけど・・・。
でもね、Daveたちに会えるのはうれしいから。まあそうなりそうだと思ってたし。

というわけで、そのまま(食べたばっかりな気がするが。)ディナーです。
シェラトンホテルまで戻って、その中のトレイダーというレストランへ。
(写真撮り忘れ~)
スポーツカフェみたいな、アイリッシュパブのような?レストラン。
メニュー見ると無国籍ですね。
結局彼らも(元々小食だし)あんまりおなかすいてないということで、アラカルト1品のみで。
ちゃっかりワタシはワインをいただきましたが。
e0170937_1751322.jpg

さーて、トロント来て最初で最後のカレーですよ。
メニューにはバターチキン、となっていました。
味わってみるとうん、確かにマイルドだけど、スパイス使いは本格的なバターチキンです。
ライスはちゃんとインディカ米のようでした。
パパドがくっついてきます。
Daleさんはサラダにしたけど、Daveは同じバターチキンに。
ちゃんとパパドは知ってました。
ワタシが豆の粉で作るんだよね、と言ったら、OH!といわれた。(笑)
まあそんなに辛くなく、でもDaveが汗かいてるので、うん、辛いね~、スパイシーだね~、って言っておいたのでした。
ここでも、Daveのジョークが炸裂!!
まあぺらぺらぺらぺらよくしゃべるんだよね、これが。
相手はウエイターさんですが。
ま、それによると、このカレーはホームメイドだそう。(ホームメイド?)
そんで、彼女は日本から来たワタシタチのゲストだ。彼女とわたしたちは明日RENTを見に行くんだ、と吹聴!
いや、もういいってば、Dave。。。
明日の待ち合わせは12時前、ということで別れたトロントの夜でした。
どうでもいいけど、おなかいっぱいだよ・・・。

トロントレポ1日目:緊張のチェックイン
トロントレポ1日目:まだ食べる?
トロントレポ2日目:市場三昧
トロント2日目:街中三昧
[PR]
by mokonak4cat | 2010-02-04 17:24 | CANADA TORONTO
セントローレンスマーケットを後に、なるべく違う道を歩いてホテル方向に。
セントローレンスマーケットは市内としては南のほうで、後少しで港(オンタリオ湖)という場所。
ここから北に上がっていくと金融街。NYで言えばウオール街でしょうか。

e0170937_2171364.jpg

なので、特にこのあたりは、新旧の建物が渾然一体となっていますが、不思議とマッチしているのは色合いでしょうか?かなり考えられているような色彩感覚が都市開発に取り入れられていると思わずにはいられません。
e0170937_2173680.jpg

そんなこんなでホテルに帰る前にトロント最大のショッピングセンターとして有名な(でも今は少しさびれている。)Eaton Centerの場所を確認。
どうも雨や雪が降っていなければ、外から歩いていったほうが近そうです。
ホテルの部屋に戻ったら、時差のせいか急に力が抜けて少し休憩。
ゆっくりまったり珈琲をいただきました。こういうときは部屋に珈琲メーカーがあるのは助かりますね。
で、こんなにいいお天気になっちゃった。
e0170937_21211796.jpg

おりしも見上げれば飛行機雲が。
e0170937_21223554.jpg

と思っていたら、ホテルの窓からリスも見えたし!
さすがに小さいんでわからないですね。その前はたぶんアライグマ?が走っていくのが見えました!!
すごいぞ、トロント。
そういえば、前に来たときも、公園とか歩くとでかいリスが走っていて、
ムスメっちが追いかけて転んだのだったな~。(あの頃は可愛かった・・・)
e0170937_2122215.jpg

とまあ、そんなこんなでパワー復活!!
お昼も食べなくちゃ、買出しもしたいし、と今度はイートンセンターに行くことに。
それから、RENTの劇場窓口扱いの予約したチケットを受け取りに行かなくちゃ。
今度は地上を歩いて向かいます。クイーンストリートを東へ歩いていきます。
もう窓口はあいてるだろうと、まずはイートンセンターを通り越し、角を北に向かってダンダスストリートを歩いていくと、あった、あった。劇場裏口です。
e0170937_21284670.jpg

地図を見ながら、劇場のフロントはヴィクトリアストリートだから、これを通り越して曲がれば・・・と
イートンセンター側から渡って、ちょい遠回りの角を曲がった途端、
追い越しながら携帯でしゃべってる男性が!聞き覚えのある声にあの長い足は!!

ひー生アダム・パスカルだ!!

とっさに反応できないワタシ。(大笑)
まあ、プライベートな方の邪魔をするつもりはないにしても、見たい!!
てんで気を取り直して追いかけました、早足で。
しかし、アダム、足速い!!長いもんな・・・。
あえなく見失う。
e0170937_21373556.jpg

・・・運がよかったことにしよう。
ついでなんで、その近所のNYのチケッツと同じ当日の芝居のチケットを安く売るブースの確認をしました。
運がよけりゃもう一回見られるかもと。まあ何かの役に立つかもしれないし!
e0170937_21381866.jpg

ともかく、この後イートンセンターへ向かいます。

イートンセンターでは
[PR]
by mokonak4cat | 2010-02-02 22:08 | CANADA TORONTO
アメリカ太平洋あたりへの海外旅行はご存知のように4泊6日ならば正味使える日程は丸3日がいいところ。
着いたらたいていはよくて夕方、まず夜だとほとんど動けませんし、
時差ぼけもありますし。
今回、時差がNYと変わらないトロントなので、たぶん朝早く起きれるから、
早朝から動こうと決めていました。
何せ正味3日のうち、2日2回は観劇をしかも昼間に入れてありましたから。
動ける時間は限られます。ましてや、友だちと会うとなると・・・。

そうそう前夜地下道散策の折り、友だちに電話をしました。もちろん四苦八苦して。(笑)
当然ホテルの室内電話や携帯からだと高いので、ホテルのロビーの公衆電話で。
50セントで話し放題です。
しかーし!言葉が出てこな~い!!
どうにかこうにか、土曜日の10時にホテルのロビーで待ち合わせ、というのだけ決めました。
どうなることやら。まあ先のことは考えても仕方ないし、てんで、22日です。

しっかり早朝目が覚めた!と思ったらまだ3時半。あー、やっぱり時差ですわ。
再度眠りについて起きたのは6時。いいころあいじゃ~ん!と思ったワタシ、大誤算!!
なんとまだまっくら・・・。
           ・・・冬ですものね。。。
e0170937_2021337.jpg

仕方なく7時まで時間をつぶしてうっすら明るい外に出てみました。
e0170937_2085739.jpg

ホテルのはす向かいの旧市庁舎はこんな感じです。ま、綺麗ですが。
通勤の人とか結構歩いているのでほっ。
暗い中歩いていた時は気づかなかったけれど、なんとこの旧市庁舎の前の歩道のまんまん中に
ホームレスさんの寝床がありました!
雪とか雨のときはどうするんだろう?
住人は見かけませんでしたが・・・。
トロント何気に綺麗な街なのに、結構街中に物乞いさんとかいるんですよ。何故なのかな・・・。
e0170937_20101264.jpg

帰りにも見たけど、住人は留守でした。

この日の目標はセントローレンス・マーケット。ようするに食料品の市場です。
e0170937_20194366.jpg

向かう中段々明るくなってきました。ホテルから歩いて15分くらいでしょうか?
似たような場所があるのでやや迷ってやっと着いた時はうれしかったなあ。
e0170937_20254451.jpg

ノースマーケットとサウスマーケットとあるようですが、現在稼動しているのはノースのみ。
e0170937_2028596.jpg

サウスマーケットの壁の絵です。覗いてみたけれど、やっぱり普段は使われていないのかな?
e0170937_20294644.jpg

マーケットの入り口です。あんまり活気がない?と思ってドアを押して入ったら、
ドアの向こうでマーケットのツアーのようなものをやってました。
この日は平日なので、きっともっと早くプロの人たちは来るのかな?
それとも市民の人たちの来る時間は別なのかしら?
少なくとも観光目的の人はこの日はこのツアーくらいで
後は普通のお客さんばかりのようでした。
建物の中は食に興味のある人ならばうわあー!とテンションがあがること請け合いです!
e0170937_20361097.jpg

この時点でもうひとつ考えが及ばない自体が発生!
なんと寒冷地のためにデジカメの電池があっという間になくなるのです!!
充電したばかりのはずの電池があっという間に2本に、そして赤色に。
うわあー。
ふところであっためておくと復活するというのを聞いたので、
ひたすらダウンの中に入れてあっためていると多少いいみたいでした。
これがなければもっと写真撮ったのになあ。
マーケットの中を歩いて見ていると、キッチン用品のお店もありました。
e0170937_20461467.jpg

ここの中に入ったら出てきたくなくなるくらいなんだかかわいいキッチン用品がたくさんあります。
地下にも色々お店があるようで、ここはお値段が安いときいたので、お土産用のメープルシロップを買ってみました。どうせ日本でも買えるけどもね。気分です、気分。
1階を回って朝食にしようと物色していると、必ずここは訪ねたいと思ったお店を見つけました!
e0170937_2050255.jpg

こちらのベーグルはモントリオール式ベーグルらしいのです。
ショー・ウインドーのベーグルたちは皆美味しそう。
カウンターの上にある、いかにも焼きたてらしい「チーズベーグル」というのに目が留まりました。
他のベーグルが1個60セントくらいなのに比べて、それは2ドル50。
でもなんだか美味しそう!でもね、それベーグルには見えないのですが。
ともかくそれをひとついただいて、早速食べることに。
見回すとマーケットのまわりに少しテラスがあるので、寒さに負けず、外に出て食べました。
e0170937_20553154.jpg

建物の中がすごく暖房がきいているので、かえっていい気持ちです。
そして、これがチーズベーグル。馬蹄形です。
e0170937_20581148.jpg

・・・・どうみてもデニッシュにしか見えませんが。
でもあったか~い☆
もふ。
e0170937_2059545.jpg

これは食べかけじゃありません。念のため。割りました。
やっぱりどうみてもデニッシュ。甘めのチーズクリームを巻き込んである感じです。
あったかくて結構おなかが一杯になってしまいました。でかいんだもん。
もう1軒、ポリスがランチ?を買いにきていたデリ&ブレッドショップが気になっていましたが、
そこには今度は消防士さんたちが並んでます!美味しいんだね、きっと。
てんで、そこのパンを物色。
カウンターの上にあった、やけにベーグルKか?それともガーべりか?というご面相のベーグルを1個テイクアウトしました。(美味しかったの!もっと買っておけばよかったよお!!そういうのばっかりなんだけどね。)
ともあれ、セントアーバンベーグルズでとりあえずベーグル6個買って(5個買おうとしたら、おばさんが6個買うと安くなるのよ、と教えてくれた。NYのエッサみたいですね。)
帰国するまでにまだ日があるのと、翌日の土曜日に又来ようと思って、その程度の買い物にしておいたんですが・・・。(結局この日しかこれなかったという、よくある話。)
この時点で、まだ朝9時過ぎ。
さーて、どうする?はい。もちろん、いったんホテルに荷物置きに行って一休みしますよ、ババアですから。

2日目続く。長いなあー。


トロントレポ1日目:緊張のチェックイン
トロントレポ1日目:まだ食べる?
[PR]
by mokonak4cat | 2010-02-01 21:09 | CANADA TORONTO