ブログトップ

Will I ? 2

mokona911.exblog.jp

猫と音楽とカフェとカレーと     そんなものたちを愛しておりますな~ごです♪尚、TB、RINKをしてくださいます時は、存じ上げない方にはご一報くださいますようお願い申し上げます。

カテゴリ:カレー:台東区( 2 )

おちびちゃんのつっきーを連れて、5人で御徒町のアーンドラにランチに突入。
折りしも、夜は特別ミールスがあったようだが、無念の涙を飲む。
でも、素敵なランチ会になったのも、皆つっきーのおかげ!!
インドの人は赤ちゃんに目がないわねー、と再認識。
子連れのマナーとして、ビジネスランチアワーにひっかからないように開店直後狙い。
e0170937_1648851.jpg

全員何故か3種のカレーのランチで。
一人がナン、後は皆チャパティ。
ここのチャパティはもちもちです。
一応南インド料理だし、チャパティかなあと。ライスもついてきますよ。
この日の3種は
e0170937_16502610.jpg
e0170937_16503419.jpg

e0170937_16514076.jpg

どのカレーも文句なく美味しいっ!!
ここはたまたま夜先に来ていて、もちろんランチも美味しいよ、ということでしたが、
ほんと美味しい!!スパイス含有量、はんぱじゃなさそうです。
幸いなことに、それなりにお客さんの入れ替わりがある中、食べ終わる頃には座席に余裕があったので、
チャイを注文してゆっくりさせてもらうことに。
すると、待ってました!!
e0170937_1654365.jpg

席まで来てちゃんと入れてくれます。こうして空気を入れるんですね~。
いや、すごい技だ。
で、入店したそばから、つっきーはアイドルしてましたが、シェフが抱っこしたくてたまらなかったようす。
で、こうなった。

e0170937_16562992.jpg

ついでに、夜のミールスのデザートをfor Baby 。豪気だねえ!
この後ほとんどつっきーは泣きそうだったけど。
よかったねー、つっきー、最近インドの人に抱っこされる確立が増えてきたので
きっとそのうち慣れるはず。(オイオイ)
美味しいランチでしたよ、ごちそうさまでした~。
又行こうね、つっきー&ママ!!
(・・・私はつけたしですか?Byつっきーのママ、歌姫)
そうかも。

実はこの前後
[PR]
by mokonak4cat | 2010-01-17 17:00 | カレー:台東区
上野の方といいますと、博物館や美術展、バレエを観にまいりますけれど、
そのお隣の町はどうも遠い気がしてしまうのですわ。
何故でしょうかしら?
夜の御徒町・・・、路地を曲がりますと、セレブなあたくしには似つかわしくないような
ああ、まるでロンドンの裏小路のようですわね。
でも、残念ながらヴァンパイヤとかはとても出てきそうもない裏路地でございますわ。

ビリヤニの美味しい南インド料理の店、「アーンドラキッチン」やっと伺うことが出来ました!
e0170937_23105891.jpg

カリフラワーのスパイス焼き。ミントのソースだという、緑色のソースがとても美味しいです。
カリフラワーよ、これはカリフラワーよね!上から写真撮ったらチキンに見えるわ、でもこれはカリフラワー。
e0170937_23113283.jpg

ドーサです。粉にスパイスを混ぜ込んで作ったという、スペシャルなドーサ。
このときがはじめての提供のようでした。これがまあスペシャルに美味しいっ!!
なんだかひっさしぶりにすっごく美味しいドーサに出会いましたの!
これをいただいてると、天国をかいまみそうです。
ああ、なんて素敵な生地なの♪もうこれは音楽。(わけわかんない)
e0170937_23124689.jpg

羊肉のココナッツ炒め、ようはドライカレーですわね。
これも又夢のように美味しいのです。ぱっと見はオイリーそうに見えるのですが、
食べるとそれほどでもない、というか、オイリーさはそれほど感じません。
まわりの赤キャベツの千切りはまあなくてもいいような気がします。
ほうれん草とカッテージチーズのカレー、バラク・パニールですね。
ほうれんそうの色合いのカレーではなく、
カレーの中にほうれんそう混ぜ込みタイプかと思います。
このカレーが又いい味でした。
チキンはいうことなし!失礼いたしました、これ、ガーリックチキンというメニューでございましたわ。
残念なのが、フィッシュカレー。サーモンだということでしたが、どうも塩気がきついですね。
味が濃く感じてつらかったです。
e0170937_23142014.jpg

ビリヤニをお願いしてあったので、カレーのお供にはお勧めのバスマティライスと
チャパティをお願いしました。
バスマティはとても炊き方が美味しく、ビリヤニを思い出さなければおかわりしたいところでした。
チャパティはしっとりタイプ。後で頼んだレンズマメのパンケーキよりもはるかにもっちろとしていて、
クレープのような感じでした。
アツアツ提供だったので、特に美味しく感じられましたわ。
あ、チャイは別腹で後でお願いしたものです。
e0170937_2315150.jpg

この日の秀逸だったのが、これ、トマトパップーです。
(トマトと豆の田舎風スープ、という名前のカレースープですね。)
これにギーとフレークを混ぜて食べるとおいしいと教えていただき、そうやると、
まあああああっ!なんて美味しいのかしら~。空を飛びたくなるくらいですわ。ああ素敵。
e0170937_23152590.jpg

青レンズマメのパンケーキ、というのを頼んでみましたわ。
そう、ドーサのようでした。青レンズマメの粉を使っているというだけあって、
生地の色が・・・。右上の写真が一番現実の色に近い感じです。
あきらかに普通より青っぽいです。
二つ折りしてある中には玉ねぎのみじん切りと豆などがたっぷり入っていて、
いい味のアクセントを出していますわ。
e0170937_2316739.jpg

さてさて、ビリヤニがやってまいりました。
本日はチキンのビリヤニ。
厨房から運んでこられたビリヤニはたいそうな量でございましたの。
思わず皆さんから感嘆の声があがるくらい。
そして、又1皿、又1皿とビリヤニがまいる気配。は?
それで、ご一緒させていただきました殿方のお一人のPさまが、
「まさか全員分出てくるわけじゃないですよね!」とかなんとか。
「まっさかーーー!?」と皆様で反応しましたわ。
e0170937_0234344.jpg


・・・まさか、真実を言い当てていたなんて!
さすがカレーブロガーの重鎮ですわね!見直しましたわっ!
てね、冗談じゃないっ!6皿です、6皿!!
1皿の量だってはんぱじゃないのに、6皿!!
でね、すごくすごおーーーく、これが又美味しいのですよ?
あんなに食べておなかいっぱいなのに、それでも美味しいのですの。
つい食べちゃうんですの。それだけ美味しいのです。
ああ、次回はマトンのビリヤニをいただきたいですわ。これはほんとに切なる願いですわ。
もちろん、包んでいただいて持ち帰りました。翌日食べてもお味はおちておりませんでした。
素晴らしいですわね。
ところで、こちらのビリヤニの中に、チキンの骨付きが2本も隠れておりましたわ。
マジックですわね~。やれ。
e0170937_23162791.jpg

そのお料理を作ってくださった、天才シェフですわ。
ほんとすごかった。
おかげで、この腹、見ていただきたいものですわね。

ごちそうさまでした。
[PR]
by mokonak4cat | 2009-11-28 23:17 | カレー:台東区