ブログトップ

Will I ? 2

mokona911.exblog.jp

猫と音楽とカフェとカレーと     そんなものたちを愛しておりますな~ごです♪尚、TB、RINKをしてくださいます時は、存じ上げない方にはご一報くださいますようお願い申し上げます。

カレーがとまらないっ @下北沢

俳優の松尾貴史さんがオープンしたという、カレー屋が3月8日に下北沢にオープンしたと知り、
これは行かなくちゃ、と思っていたらこの方がすでに訪問されていたのをみて、もう矢もたてもたまらずに行っちゃいました!執事連れです。(←巻き込んだ)
もっとも、執事はらぶきょうに行きたかったんで、やってなかったら、そっちね、という選択だったんですが、案の定やってなかったというわけ。
いつやってんだ!?らぶきょう。
(行こうとしてないときはやってんのよねー、ここ。)
というわけで、「般若」です。
e0170937_22551082.jpg

ぱんにゃ、と読ませるらしい。
メニューは多くはないのですが、2種類楽しめそうなチキンカレーとキーマカレーのハーフ&ハーフ(1000円)に。ごはんは、その日によって違うようだけど、この日は胚芽米とパンプキンライスからチョイス。
パンプキンライスにしました。(ようするにかぼちゃを入れて炊いてあるのよ。)
お店はカウンターのみの狭さだけど、なかなか清潔感のあるカフェ風のお店です。
カウンターからしっかり厨房が見えて、全部調理がわかってしまう。
(これがいいのか悪いのか。)
e0170937_22571419.jpg

パンプキンライスの上には、キャベツのピクルスと(たぶん)トマトのチャツネ。
そして、ハーフのキーマカレーがのっている。このキーマはさっぱり系、あまり辛くありませぬ。
最初、スタッフの美人なおねーさん、キーマをのせるのを忘れて出した。(爆)
e0170937_22591576.jpg

チキンカレーは、たまねぎのみじん切りとしっかりスパイスの効いた、デフォルトで結構辛いカレー。
スープカレーですね。辛さの調節も出来るようですが、デフォルトで確かに結構辛いです。
食べ終わる頃にはかなり汗が出てきます。スパイスをかなり使っているようですね。
そこに、チキンの足が1本。通常のチキンカレーは具がもっと多いよう。これはハーフタイプ。
日曜の訪問で、しかも下北沢とはいえ、少々はずれの方なのにお客さんは入れ替わり立ち代わり
入ってきています。
私たちの後の2人のお客さんでパンプキンライスはおしまいになっちゃったみたいでしたし。
お散歩がてらぶらぶら食べに行くのもよさそうですね。
ちなみに、その先には1軒、天然酵母のパン屋さんがありますよ。

お店の外のメニューの黒板のところに、ハーブのような「カレープラント」という名札のついた植木がありました。
「カレープラント」?聞いたことないなあ?
思わず、手が空いていそうなシェフに声をかけて尋ねてみると、はっぱの匂いがカレーなんだそうで。
嗅がせてくれました。ほう、確かにカレーのにほい。
e0170937_23324090.jpg





粟根さんを目当てに観に行った、アガペーストアの「BIG BIZZ」という芝居を観て
一挙に好きになった役者さんです。
この人を観て以来、北朝鮮のテレビのニュースアナウンサーとかの声がまともに聞けません。
必ず笑ってしまうようになって、いつ暗殺されるか気が気じゃありませんともさ。

そんな松尾さんが好きだと言っても、芝居してる松尾さんが好きなだけなので、
人となりとか趣味とか嗜好とかは関係なく知りませんでしたの。
そしたら、なんとカレー好きなんですってね!
カレー屋出没率高いそうです。
なので、こだわりのカレー屋を開きたかったんだとか。

それなら、ちゃんとあったかいカレーを提供していただきたいなあ。
美味しいんですが、なんかぼけてるの。
この後は辛口レポ。
付けあわせが中途半端。ごはんのかぼちゃも香りが飛んでる。いいかぼちゃじゃないのかな?
チキンカレーはワタシは美味しいと思ったけれど、執事はもしあれだけだったら飽きるかも、とのたもうたです。
うーん、その可能性あるかも。
でも、キーマは味がわからなかった。量少なかったし、味がなんだかぼけてて。

ワタシらが入店した時、先客はお2人いて、すでにカレーは提供されてました。
女性スタッフがしばらくワタシらの入店に気づかず、声かけてやっと気づいた。
(それは別にかまわないというか、まあありがちだから。)
それでちょっとあわてちゃったのはあるのかも、なんだけど。
それから、注文を聞いて、その女性スタッフが用意をしだした。
ごはんは炊飯器、カレーは深鍋、チキンは別なところからそれぞれ取り出し鍋であっためて仕上げのスパイスを入れて盛り付け提供する形です。
カウンターから丸見えなので、いやでも見えてしまう。
最初煮卵を頼もうと思ってたのだけど、タッパーに入った煮卵が冷ましてある(多分)ままなのに気づいて、なんとなく頼むのをやめてしまったよ。
ライスを盛りつけたとき、女性スタッフは、キーマをのっけるのを忘れました。
でも、まあその後の対処は全然不快じゃなかった。ごまかすんじゃなく、ちゃんとあやまったし、愛想もいいしで、それは問題なし。でもあっためが足りないのか、あわてて手順が狂ったのかはわかんないけど、実際問題としてチキンカレーはぬるめだったのよね。
そのぬるめと、キーマの味がわかんないので少々これはなんだかね、という感じになった。
でも、とりあえず結構チキンカレー辛くて美味しいし、南瓜も風味が薄いけれど、カレーにもあうし、キーマとご飯とチキンカレー混ぜるとなかなかいけるというのに気づいて食べていた。
気がついたら、執事もそうやって食べていた。
5分の3は食べ終わった頃、どうもシェフらしい人が外から戻ってきた。
そうか!この人がシェフか!
普段はきっと提供するのも、シェフがするんでしょうね。なんとなく納得。

食べ終わって駅に戻る方向に歩きながら、なんとなく満たされないのはなんでだろうね?と執事と歓談。
執事曰く、辛さにコクがないからだ、と。
うーん、ワタシはぬるかったせいだと思うんだけどね。
いずれにしろ、これで当分このお店に再訪はないと思われます。
帰途中、駅近くの下北沢地元の和菓子やさんの伊勢屋さんで、味噌アンの柏餅とごまのおはぎを購入。
これで少しは気が晴れたのでした。

・・そういえば、確認したら全品サラダ付き、って書いてあるな。
サラダ食べてないよね。どこまでも今日はそんな日だったんだろうなー。
あうあう。
[PR]
by mokonak4cat | 2009-04-05 23:06 | カレー:世田谷区