「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

Will I ? 2

mokona911.exblog.jp

猫と音楽とカフェとカレーと     そんなものたちを愛しておりますな~ごです♪尚、TB、RINKをしてくださいます時は、存じ上げない方にはご一報くださいますようお願い申し上げます。

福島・被災ペットなど追記です。

私の行ったシェルター、にゃんだーガードのある大越町のお祭りに
ご近所さんを大切にするにゃんだーガードさんも参加されて広報活動に
いそしんだそうです。

その際に流された動画を許可を得て掲載させていただきます。
あったかさが見ていて伝わってくる動画です。
世の中こんなあったかい人だけじゃないのはわかってるけど、
こんなあったかい人たちもいるんだね、って。
出てくる動物たち、ほんとに落ち着いたいい顔してますよ。
見てくださると嬉しいな。



尚、私がシェルターに伺ったのは6月下旬です。
そのときよりもシェルターは進化もしてますが、
収容頭数を膨れ上がっております。
最近保護してきたこたちはいちように体調が悪いそうです。
当たり前ですよね、震災後4ヶ月過ぎてるのだもの。
まだまだ圏内に取り残されたこたちは沢山います。
是非、なんらかの形での皆様のご協力をお願いします。
こうして、この事実を知っていただけるだけでも、それでいい、と感じます。

私のいたときにいた、コオモリみたいだったクロネコミルクねこ3匹のうち
1匹は、朝起きなかったそうです。
お星さまになってるかもしれません。
他の2匹は立派に育っています。

出産ラッシュのようで、子猫、子犬ともに増えたそうです。
今なら、可愛いこたちよりどりみどりかもですよ!

シリンジでポカリを飲ませた黒いフレンチブルドッグ、ごんべは
獣医さんから帰ってきて、かなり栄養状態もよくなりましたが、
残念ながら色々なリスクを考え、腫瘍の切除には至りませんでした。
このまま腫瘍と仲良くして、余生を送ることになります。
愛らしいごんべの瞳にみつめられたい里親さん、いらっしゃいませんか?



あえて補足です。

以前の記事に載せました、緊急災害時動物救援本部についてです。
もちろん、真意がどうなのかまで、私にはうかがい知ることは出来ませんが、
あまりにも対応が遅いのは政府と同じです。
現在義捐金が総計で5億?集まっているようですが、
その5億、なかなか配分されていません。
大きい団体ゆえの苦労などは日本赤十字などと一緒で、想像するに余りあるかと思いますが、
それにしても対応が遅いです。
民間の団体に補助金を出すにしても、条件が厳しい上に手続きが煩雑。
これでは助かる命も助かりません。
すでに、一度寄付した義捐金を戻してもらう人も多く出てきています。

今から動物たちのために寄付しようという方がいらっしゃいましたら、
お願いです。
ご自分で民間の団体をお調べになり、各団体のHPやブログなどをご覧になり、
実際の活動を確認したうえで、そちらにどうぞ寄付なさってみてください。
にゃんだーガードもそうですが、
現在どこの団体も、シェルターの施設不足、機器の不足、医療費の不足、
そしてボランティアさんの不足に悩んでいます。
支援物資と義捐金は多すぎるということはありません。
皆さんの1円が、動物たちの命をつなぐのに役立ちます。

実際にボランティアに行ける方は限られてしまうでしょう。
皆さん、やりくりしてお手伝いに行ってますが、
やりくりしたって、行けない人は行けない。
そういう方は後方支援にまわってください。
後方支援の方がいなければ、突撃部隊も動けないのです。


こういう事があってから、ひどく思い出される漫画のシーンが2つあります。
ひとつは、石の森章太郎「幻魔大戦」の主人公東丈が、
幻魔との戦いで山火事になったところから、動物たちを連れて歩くところです。
もうひとつは、手塚治虫「ジャングル大帝」
ヒゲオヤジと凍死しそうになったレオ(成ライオンの)。
レオが自分を殺して肉を食べ、毛皮をはいで助かるんだ、とヒゲオヤジにレオが言う。
ためらうヒゲオヤジにわざと飛び掛ってレオは自分をヒゲオヤジに殺させる。
ヒゲオヤジは、色んな思いでレオの遺言を果たすのです。
自分も色んな思いが駆け巡ります。
いいか悪いか、そんなのケースバイケースで決めれない。
これを読み直したいのですが、平静に読めなそうなので、もう少し後になってからと思い
封印してあるので、記憶の混濁はあるかもしれませんがご容赦ください。


色々な思いはあるかもしれませんが、
被災動物たちの救護も同じです。

「理屈じゃない、そこに死にそうな動物がいるから」


全ての動物たち、(人類も含めて)明るくわらっていられるように
なりますように。
[PR]
by mokonak4cat | 2011-07-27 23:53 | CAT