ブログトップ

Will I ? 2

mokona911.exblog.jp

猫と音楽とカフェとカレーと     そんなものたちを愛しておりますな~ごです♪尚、TB、RINKをしてくださいます時は、存じ上げない方にはご一報くださいますようお願い申し上げます。

トロントレポ3日目:ドラマチックな再会なるか!?

3日目、現地時間1月23日です。
この日も早く起きたものの、体はぐずぐずぐだぐだで、本当はセント・ローレンス・マーケットまでもう一度行こうと思ってたけど、待ち合わせ10時だし、どうせ早く来るに違いない、と
あれこれぐずぐず。
折りしもスケートリンクではすでにこんなに人が!!人気なんですねえ。
e0170937_16283570.jpg

ゆったりとかい出したものとベーグルで朝食。
こういうとき、スタバの珈琲付きのメーカーがあるってのはいいですねえ。
さて、10分前にロビーに下りていきます。
正直、12年?ぶり?わかるかしら?とやや不安を覚えながら。
そんな心配は希有に終わり、エレベーターホールから見えるロビーのところに目に入ってきたのは
最初が奥さんのDaleさん!!
すぐ脇に夫のDaveも立っている。
思わず叫んで(名前をだ。)駆け寄るワタシ。
すぐ気がつく二人。
・・・いや~、感動の再会劇をロビーでくりひろげてしまいました。
こんときばかりはワタシもトロントニアン、ハグに次ぐハグ!!そして再会のほっぺにKISSです!!!
懐かしい!ちっとも変わってないふたり。
しばらく旧交を温めあってから、アートセンターに行かないか?とDaleさん。
(同じことをしゃべっても聞いても、彼女の方がカンがいいので、DaveはすぐDaleを頼るのです。世の夫婦の常?)
トロントにある、美術館は、おそらくNYのMETに次ぐ大きな美術館でしょう。
トロントニアンの間では通称AGOと呼ばれ親しまれています。
以前訪れた時にもここは訪問しましたが、どうやらその後改装に改装を重ねて立派になった様子。
Daveたちも改装後行っていないということで、もちろん!と行くことになりました。
e0170937_16383761.jpg

カメラをぶらさげて観光客気分のDaveは、彫刻の前でワタシの写真を撮ろうとしてガードマンに怒られました。やれやれ。
さすが芸術家の二人に聞かれて、AGOはとても広いから一部しか見れないけど、
どこを見る?と聞かれて、「Canadian」と答えるのが真情ってもんでしょう。
あ、やっぱり2人ともそこみたいのね。
ワタシはほんとはどっちかというとヨーロピアンとか見たいのはあるけれど、
カナダの殖民の歴史も興味あるからぜんぜんOK。
散々見て回って、お昼にしようってことで、AGOのレストランに行くと、なんと予約が必要とのこと!
ワタシはカフェテリアでもぜんぜんかまわなかったのだけど、
どうやらDaleさんはそれじゃあダメを出したみたいで、結局外に出ることに。
e0170937_165195.jpg

AGOはホテルの北側のチャイナタウンのはずれのほうにありますが、
そこから南へ下っていきます。
つたない英語とかたこと日本語とカンでおしゃべりしながら、共通の友人の話題などを話しながら
ゆっくり歩いていていると、時間を忘れてしまいます。
Daveさんが、○○○はレントの予約はしてあるんだよね?と聞くから、
チケットを見せました。
どうやらレント見てる間、待っててくれるみたいで、終わったら劇場玄関で、ということになります。
いい人たちだ。
結局昼食をとったレストランは、なんとCanonシアターに至近の「frons」。
シアター隣のビルの1階のレストランです。
e0170937_1650277.jpg
e0170937_16502054.jpg

外から見たら敷居の高そうだったレストラン、中に入るとちょっとファミレス風なアットホームさかげん。
e0170937_16503527.jpg

メニューを見ると朝食系が強そうな。
あ!パンケーキがある!で即決。
後で写真をよくみたら、エッグベネディクトがあったのに。ま、ふたつは食べれなかったからいいんですが。
e0170937_16513151.jpg

ワタシはプレーンパンケーキ。ほどほどの量かな?と思いきや、結構大きかった。
美味しかったのだ、これが。
それにしても、あっちってバタもコーヒー用のクリームも山ほどくれるよね。
足りなかったら言ってね、とウエイトレス。ありゃりゃ。
こういうコミュニケーションはワタシ程度の英語だと無理だから、友達いてありがたいなあと思いますねえ。
e0170937_16514125.jpg

彼らはツナのラップ。
このでかさ!!
恵方巻か??ってくらいですね。
食べ切れなくて包んでもらってた。
珈琲はレギュラーで。必ずデカフェか?
って聞かれますね。
ま、カフェインは制限してないからいいや。珈琲ももちろん、おかわり自由です。
で、コミュニケーションなんですが、このDaveさんって、昔っからすごいおちゃらけおやぢなんですよ。
なので、平気で店の人とか知らない人に話しかけちゃう。
よくアメリカのホームドラマに出てくる必ず一人はいるおぢさんそのもの!
このときも、ワタシを指差して、彼女はわざわざ(とたぶん言ったと思う)日本からRENTを観に来たんだ、
って言うのさー。
したら、カワイイ美人のおねーさん、あら、ワタシは先週観たわよ!ですって。
すっごく、クールよね!楽しんでね!!!

e0170937_16515213.jpg

RENT観劇レポは後回しです。
無事Daveたちと会ったワタシは衝撃の事実を知る!!
明日、ワタシタチも一緒に観る事にしたから。

えーーーーー!!??マジっすか~~~っ!?

ありがたい。大変ありがたいがしかし、
これで明日は夜も観ようと思ってるの、って言えなくなってしまいました。(爆)
だってねー、一緒に観たら、そのままディナーだよね。
土日はトロント、鬼のようにお店の閉店時間が早い。
もちろん日曜はしまってるお店も多い。
だからこそなおさら、RENT観ようと思ってたのだけど・・・。
でもね、Daveたちに会えるのはうれしいから。まあそうなりそうだと思ってたし。

というわけで、そのまま(食べたばっかりな気がするが。)ディナーです。
シェラトンホテルまで戻って、その中のトレイダーというレストランへ。
(写真撮り忘れ~)
スポーツカフェみたいな、アイリッシュパブのような?レストラン。
メニュー見ると無国籍ですね。
結局彼らも(元々小食だし)あんまりおなかすいてないということで、アラカルト1品のみで。
ちゃっかりワタシはワインをいただきましたが。
e0170937_1751322.jpg

さーて、トロント来て最初で最後のカレーですよ。
メニューにはバターチキン、となっていました。
味わってみるとうん、確かにマイルドだけど、スパイス使いは本格的なバターチキンです。
ライスはちゃんとインディカ米のようでした。
パパドがくっついてきます。
Daleさんはサラダにしたけど、Daveは同じバターチキンに。
ちゃんとパパドは知ってました。
ワタシが豆の粉で作るんだよね、と言ったら、OH!といわれた。(笑)
まあそんなに辛くなく、でもDaveが汗かいてるので、うん、辛いね~、スパイシーだね~、って言っておいたのでした。
ここでも、Daveのジョークが炸裂!!
まあぺらぺらぺらぺらよくしゃべるんだよね、これが。
相手はウエイターさんですが。
ま、それによると、このカレーはホームメイドだそう。(ホームメイド?)
そんで、彼女は日本から来たワタシタチのゲストだ。彼女とわたしたちは明日RENTを見に行くんだ、と吹聴!
いや、もういいってば、Dave。。。
明日の待ち合わせは12時前、ということで別れたトロントの夜でした。
どうでもいいけど、おなかいっぱいだよ・・・。

トロントレポ1日目:緊張のチェックイン
トロントレポ1日目:まだ食べる?
トロントレポ2日目:市場三昧
トロント2日目:街中三昧
[PR]
by mokonak4cat | 2010-02-04 17:24 | CANADA TORONTO